看護師が転職をする際の黄金ルール

ナースが転職をする際の黄金ルールについて、記述をします。

転職をする際には、民間のコンサルタントが運営を行っている求人サイトを利用することです。医療関係者専門の求人サイトもありますが、看護師求人に絞ったサイトもあります。無料で登録をすることができることに加えて、日本全国の求人を見ることができるので非常に便利です。

事情があってその時に住んでいる場所とは別の場所で働かなくてはならないという時にも、こういったサイトを活用することで離れた場所の求人も知ることができるのです。中には就職が決まったお祝い金として後にお金が渡される場合もあり、こういったサイトは特に人気となっています。

また非公開求人を多数扱っているサイトもあるので、このようなところに登録をすることも転職成功のカギとなります。これは匿名求人とも言われているものであり、大変希少であまり世間に出回らないものです。数が少ないので非常に貴重なものとなっていますが、求職者にとっては魅力的なものであることから大人気となっているのです。

以上がナースが転職を行う時の黄金ルールです。看護師求人サイトに登録をすることで、たくさんのメリットを得ることができます。

看護師求人サイト

就職、転職、復職をする為に看護師の求人情報サイトはかなり便利なものとなっています。このサイトではインターネットという事もあり、かなり広範囲から調べられます。全国という範囲から調べられるので、自分が希望している待遇を出してくれているところを見つけ出せるわけです。

人によって希望している待遇は違いますが、例えば年収から休日、そして残業の多さや駐車場の有無、最寄の駅から近いかどうかなど、様々な条件に合っているところも、このサイトでしたらすぐに見つけ出せるのです。やはり、就職や転職、復職をするからには希望通りの待遇のところで働きたいもの、その為にもこのサイトを利用して良い就職先を見つけていくと良いのです。

看護師求人の情報サイトは1万件ほどの情報が入ってきていますが、これだけ数が多いと、逆に希望通りのところを見つけにくいのです。しかし、このサイトには検索機能がありますので、簡単に希望通りのところを見つけ出せます。

この機能を使いますと、年収や休日、夜勤に残業の有無、そして駐車場の有無など、自分が希望している条件に当てはまる求人のみを表示させられるわけです。どれだけ情報が多くても、これでしたら短時間ですぐに希望通りのところを見つけ出せるわけです。また、このサイトはインターネット環境を持っている方でしたらどなたでも利用する事が出来ます。利用料金も無料となっていますので、気軽に使えるところもポイントです。

精神科の看護師求人について聞いた

看護師が働く場合、大きな病院であれば、自分の働きたい科の希望を出して、病院との調整で働く科が決まっていきます。大体、内科のことは学んでおいた方が良いという考え方から、希望する人が多いです。逆に厳しいというイメージがあるのか、救急や集中治療室、オペ室はそれほど好まれません。

そして、数年間で異動がありますので、内科から外科、婦人科、耳鼻科、小児科などさまざまな所に移り、また改めてその科が扱う病気について、経験を重ねていくのです。これは大きな病院のケースですが、ここで一つ、少し特殊な科があります。それが精神科でして、本当に大きな病院ですと、科の一つとして存在し、入院施設もありますが、複数の科で運営する中堅病院の場合、無いことが多いのです。

このため、働く看護師の側からしますと、精神科のある病院は大病院か、あるいは単科に近い病院ということになりますので、本当に精神科をやりたい、と希望する看護師にとって、大病院ですと希望通り配属されるかが不明ということになり、二の足を踏んでしまいます。精神科もやりたいが、他の科も勉強したいという看護師にとっては、単科の病院では不足ということになります。

逆にいえば、単科の病院ではじっくり学ぶことができる環境と言えます。看護師求人自体は多いですから、その辺は自分自身の希望に沿って選ぶと良いです。目当ての病院を見つけられましたら、今の時代は、看護師求人サイト(参照⇒看護師求人サイトのランキング)も充実していますので、そういう所を利用するのも良い選択です。

子供を習い事に通わせるため、収入アップできる老人ホームに転職。子供の願いを叶えました

習い事をしたい子供のために、低収入の職場から転職を決意。高級感のある老人ホームに移って前より収入がアップし、子供も習い事を始めることができました。

性別:女性
職業:看護師
年齢:36歳
年収または月収(転職前・転職後):約270万円→約430万円
職種:医療関係
転職方法(業者):ナース人材バンク

▼子供の希望を叶えるために転職
小学生の子供と夫の三人暮らしで、看護師としても働いていました。夜勤がないクリニックだったので、それだけでも結婚をしている看護師にとっては理想的な職場だとは思うのですが、転職したいと思うようになりました。

特に業務が大変ということもありませんし、職場の人間関係に問題があるわけでもありませんが、小学生の子供がお友達の影響を受けて英会話などいろいろな習い事を始めたいと言い始めたのです。最初はワガママを言いだしたのだと思って聞き流していたのですが、ママ友と話をしているとうちの子が特別な要求をしていたわけではなく、他のお子さんたちはすでにいくつもの習い事を掛け持ちしていることが分かりました。

他の同級生たちが当たり前にやっていることをうちの子だけガマンさせてはかわいそうなので、できるだけ通わせてあげたいと思うのですが、私が勤務しているクリニックは患者さんの数が少ないせいかとても薄給なので、今のままでは余分なお金などありません。

どうにかして今の夫と私の給料でやりくりできないかと考えていたところ、今度はお友達と同じように中学受験したいと言い出しました。中学受験をするとなると公立の小学校の授業だけではカバーしきれませんので、学習塾に通わせたり家庭教師をつけなくてはなりません。私や夫が子供の勉強を見てやれればいいのですが、中学受験は高校受験や大学受験とは出題傾向などが違うようで、経験のない勉強を教えることなどとてもではありませんが不可能です。そんな事情から、今より収入の高い職場に転職することを決意しました。

▼前の職場より高収入希望
看護師の転職サイトを探して、ナース人材バンクを見つけ出し登録をしました。転職先に求める条件をキャリアコンサルタントさんに聞かれたので、迷わず給料が今の勤務先より高いところと言いました。子供のためであることと、これまで通り夜勤がない方がいいこと、月収の金額を言うと、転職を専門にお仕事をされている方からみて確かに安いと言われました。せっかく同じ労働時間を勤務するなら、多少はハードでも収入が高い方がいいと伝えました。すると、家庭と仕事を両立しやすいように、自宅から通いやすい近場のエリアで探していただくことができました。

▼高級感のある老人ホームに転職
複数の求人をいただき、実際に面接と見学にうかがいました。最終的に転職先として決めたのは、老人ホームです。老人ホームにもいろいろな種類がありますが、とても高級感のある職場で、いつも清掃が行き届いておりステキなところです。ここでならセカンドライフを過ごしたいと思えるような環境で、私たちのような看護師が館内にいつもいますから、安心して過ごせるのではないでしょうか。

ナース人材バンクで探してもらわなかったら、一人でこのようないい職場は探せなかったかもしれません。勤務時間や給与などの面で、職場の採用担当の方とキャリアコンサルタントさんが交渉してくださったので、理想的な収入をいただきながら家庭と両立することができています。

子供も念願だった習い事に通い始めました。慣れ親しんだ職場が変わることで家庭に影響を出してしまうことがあるのではと心配でしたが、そのようなことはなく、思い切って転職してよかったと思っています。